低体重児だけどJA共済の学資保険に入れた話

ちの息子は34週に1800gで生まれた低体重児でした。出生後数日はNICU、その後はGCUで、合わせて3週間ほど入院し、2000gをオーバーしたころ元気に退院しました。
生後3ヶ月で成長曲線に入り、今や低体重児であったことなど忘れてしまうほどのやんちゃぶりを発揮する元気な1歳児となりました。ところが学資保険に入るのにちょっと苦労があったので書いておこうと思います。