イースターの菓子パン、ホットクロスバンの作り方
作ること,  子育て

【雑レシピ】トースターだけでHot Cross Buns作ってみた

ホットクロスバン(ホットクロスバンズ)という食べ物をご存知でしょうか。
そういう私もまったく知らなかった&今でもあまりよくわかっていないのですが、うちの2歳児がよく見ているYoutubeチャンネルCocomelonでこの食べ物についての歌があり、歌詞も覚え口ずさんでいるので「なんだろなこれ」と思い調べてみました。

そしてどうやらYoutubeの映像のとおり家庭でも作ることのできるもののようなので現在2歳半の息子と一緒に作ってみることにしました。

目次

  1. イースターの菓子パン、ホットクロスバンズとは??
  2. トースターでつくるレシピを検索してみた
  3. そろえた材料はこちら
  4. 生地づくり
  5. 生地に入れるスパイスとドライフルーツを準備
  6. 時短!?20度の室温で発酵させてみた
  7. オーブンなし!生地を丸めトースターで焼きます
  8. クロス部分のアイシングを作ります
  9. アイシングで十字を描いて完成
  10. 試食!

イースターの菓子パン、ホットクロスバンズとは??

子どもが聞いて口ずさんでいるのはこちらの動画です。

覚えやすいメロディーと単純な歌詞で気づけば歌ってしまうような歌です。
動画の中では「子どもたちが両親のために作ってあげるが材料を間違えて失敗してしまい、今度は両親と一緒につくる」というストーリーになっているようです。

検索してみると日本語のウィキペディアにも掲載されていました。

ホットクロスバン英語Hot cross bun)は、イギリス菓子パンバン)の一種。オーストラリアアングロアメリカなど英語圏アングロ・サクソン系住民の多い地域でよく見られる。

ドライフルーツなどが入った甘いパンで、上にアイシングなどで十字の飾りがつけられているのが特徴である。伝統的には、四旬節の期間中(灰の水曜日から聖土曜日まで)に食べるホットクロスバンには乳製品バター)とを使うことができない。

表面の十字はイエス・キリストの受難を表し、伝統的に聖金曜日に食べるものとされる。実際には、イースター以外の時期にも日常的に食べられている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%B3

「イースターの食べ物なのか〜」と思い、またその時期に作ろうと思っていたら早4月。
ちょうど春休み中の子どもと一緒に作ってみることにしました。

トースターでつくるレシピを検索してみた

レシピをgoogle検索すると・・・日本語のレシピが想像以上に少ない・・・
しかもうちにはトースターしかなくオーブンはありません。

いつも一番簡単そうなレシピを選んでつくることが多い私は、ここで心が折れそうになりました。

何しろ「トースターで焼くホットクロスバン」のレシピは少なくとも日本語では存在しないようです。。

子どもも「ほっくろすばんつくる??」と言い出し、ここで諦めるのも癪。
「動画でも失敗してるしマズいものができてもいいや!」という勢いでテキトーに作ってみることにしました。

参考にしたレシピはこの3つです。

まずはこちら。

英国ニュースダイジェスト「英国の口福を探して」

http://www.news-digest.co.uk/news/gourmet/british-food-and-sweets/16274-hot-cross-buns.html

  • シナモンやスパイスが入ったものが特徴らしいぞ
  • どうやらイギリスではイースターには欠かせないらしい

そしてこちら。

Rakutenレシピ「低温発酵で作るホットクロスバンズ レシピ・作り方」

https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1160028882/

  • 低温発酵でイケるらしい
  • ということはホームベーカリーも使わなくてOK
  • 動画での見た目はまさしくこの感じ

そしてこちら!
オーブン使わないホットクロスバンのレシピは存在しないようだったので「パン トースター レシピ」で検索しました。

Nadia「【楽パン♪】トースターで焼ける丸パン!」

https://oceans-nadia.com/user/2/recipe/120141

  • そもそもトースターでパン焼けるのか?の回答は「YES!」
  • 発酵の様子を観察しながらのほうが失敗しにくそう

ということで、生地づくりから発酵までこちらのレシピをメインに参照しました。

そろえた材料はこちら

家になさそうな材料はシナモンなどのスパイスやドライフルーツ、アイシングに使う粉砂糖です。
近所のショッピングモールに行った際に探してみました。

ホットクロスバン Hot Cross Bun 材料 アイシング用粉砂糖

アイシング用の粉砂糖はスーパーの製菓材料売り場にありました。

小さめの70g入りを購入。

ホットクロスバン Hot Cross Bun 材料 GABAN シナモン

スパイスやドライフルーツを探しに無印良品の食料品売り場へ。

オーソドックスなシナモンパウダーを購入。

ホットクロスバン Hot Cross Bun 材料 無印良品かぼちゃの種&フルーツ 

ドライフルーツはあまり個性的なものを使うと子どもが食べないかも・・・と思い無印良品の「かぼちゃの種&フルーツ」を購入しました。

かぼちゃの種、クコの実、レーズンのミックスでそのまま食べることもできるものです。

家にあるものを含めてこんな感じでできそうです。

ホットクロスバン Hot Cross Bun 材料

パン生地用に

  • 強力粉
  • お砂糖(さとうきび糖を使いました)
  • 無塩バター
  • 牛乳
  • シナモンパウダー
  • ドライイースト
  • 無印良品「かぼちゃの種&フルーツ」

アイシング用に

  • 粉砂糖
  • レモン汁
  • 牛乳

以上です。

強力粉で生地づくり

分量は丸パンのレシピを参考にこんな感じにしてみました。

強力粉200g
さとうきび糖14g
2g
無塩バター10g
牛乳100ml
ドライイースト3g
40ml
シナモンパウダー適量(4振りくらい)
無印良品「かぼちゃの種&フルーツ」適量(ひとつかみくらい)
ドライイーストは小分けが3gでしたのでそれを全部使いました

まずバターは室温に戻しておき、材料を計ります。

ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り 強力粉
強力粉 200g
ボールで計ります
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り 砂糖
砂糖 14g
ボールに足して計り、計214g
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り 塩
塩 2g
ボールに足して計り、計216g
2歳児乱入
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り 牛乳
牛乳 100ml
子どもに計ってもらいました
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り 水
水 40ml
この水はドライイーストを溶くためのものだったのですがよくわかっておらず牛乳と混ぜて計ってしまいました・・・
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り ドライイースト
ドライイースト 3g
牛乳と水が混ざった中に投入
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り ドライイーストをなじませる
ユサユサ振り混ぜて・・・
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り ドライイーストをなじませる
なじんできたら・・・
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り ボールで材料を混ぜる
粉類を計ったボールに投入

このあたりの「計ったり混ぜたりこねたり」は子どもにやらせるとやる気満々で取り組んでくれます。

ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り ボールで材料を混ぜる
混ぜます
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り ボールで材料を混ぜる
混ぜます・・・
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り ボールで材料を混ぜる
時間がかかりそうだったのでタッチ交代しました
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り ボールで材料を手でこねる
全体が混ざった感がしたら3分ほど手でこねます
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り ラップをかけて10分おきます
ラップをかけて10分おきます

生地に入れるスパイスとドライフルーツを準備

その間に生地の中に入れるドライフルーツ類を準備します。

生地に入れるスパイスとドライフルーツを準備 無印良品「かぼちゃの種&フルーツ」
あまり個性的な味になって子どもが食べないと嫌なので分量は控えめにしました
生地に入れるスパイスとドライフルーツを準備 無印良品「かぼちゃの種&フルーツ」を包丁で刻む
そのままでいいと思うのですが、子どもが食べやすいように包丁で刻みました
生地に入れるスパイスとドライフルーツを準備 無印良品「かぼちゃの種&フルーツ」細かく刻む
これなら喉に詰まることもないはずです
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り 無塩バター10gを計る
無塩バター10gも計っておきます
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り
10分おいた生地にシナモンを適量ふり入れます
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り
刻んだ種とドライフルーツも投入
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り
手で混ぜていきます
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り
ドライフルーツ類が混ざったところで無塩バター10gを投入
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り
手で生地を握るようにバターを混ぜて、滑らかになったらボールの中でポンポンとまとめていきます
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り
ボールからラップの上に取り出します
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り 発酵前
発酵の目安に大きさを計っておきました

ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り 発酵前
ラップごとフードコンテナに入れコンテナの蓋をしめます

この状態で発酵に入ります。
レシプでは「冷蔵庫で8時間以上」となっていましたが、今から8時間以上って夜の9時半・・・今日中に焼こうと思っていたのに完全に計算ミスです。

時短!?20度の室温で発酵させてみた

今は暖かくも寒すぎもしないパンは焼きやすい季節なので、荒い手段ではありますが室温で置いてみることにしました。

キッチンのステンレスの上、室温は20.5度です。

はじめに様子を見に行ったのが5時間後。

ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り 発酵後
蓋を開けます・・・ドキドキ
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り 発酵後
かなり膨らんでいる!
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り 発酵後
これは結構な膨らみではないか!

ということで、焼いてみることにしました。

オーブンなし!生地を丸めトースターで焼きます

トースターの天板にクッキングシートを敷き、生地を少しちぎって、丸めて置いていきます。
発酵具合がわからないので試しに、3つ焼いてみました。

ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り トースターで焼きます
トースターの天板を取り出しクッキングシートを敷きます
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り トースターで焼きます
ちぎった生地を丸めて並べます
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り トースターで焼きます
ハサミでクロスの切り目を入れてみました

これで焼いていきます。

うちにあるトースターは「象印 ET-FA28」という製品でした。
W数の設定が650wと1300wの2つしかありません。

ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り トースターで焼きます
1300w 15分に設定してみたところ・・・
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り トースターで焼きます
10分足らずで焦げ焦げに!

早速の失敗に心が折れそうですが、発酵具合と火の通りを知りたいので試食してみます。

ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り トースターで焼きます
焦げ焦げですが・・・
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り トースターで焼きます
ちゃんと焼けているようです

食べてみるとすごくおいしい!
子どもも欲しがったので冷まして渡すと、すぐに完食してしまいました。

ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り トースターで焼きます

同じ製品をご利用のかた以外には、かなりどうでもいい情報ですが・・・

焼き時間は試行錯誤して、650wと1300wの間で中が無理矢理に設定し予熱あり10分焼くのがベスト、という結果にたどり着きました。

焼き上がりはこちらです。

ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り 焼き上がり

さて、粗熱を取っている間にアイシングを作ります。

クロス部分のアイシングを作ります

こちらはRakutenレシピを参考に作ろうとしたのですが、水分量が多くなりすぎで最終的には下記の分量でちょうどよい固さになりました。

粉砂糖70g
レモン汁小さじ1
牛乳大さじ1
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り アイシングを作ります
粉砂糖にレモン汁と牛乳を入れ
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り アイシングを作ります
混ぜます
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り アイシングを作ります
ゆるっゆるです
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り アイシングを作ります
結局、粉砂糖1袋全部(70g)を入れて混ぜました
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り アイシングを作ります
絞り袋に入れて
ホットクロスバン Hot Cross Bun 生地作り アイシングを作ります
先を8mm幅くらいのところで切りました

完成した全体量が多過ぎたので、3つすべて半量程度、もしくは水分はそれ以下でよかったのでは?と思います。
分量にこだわらず、牛乳を少しずつ入れて混ぜていくべきでした・・・。

アイシングで十字を描いて完成

しぼり袋に入れたアイシングを絞って、それぞれに十字を描いてしばらく置けば完成です。

ホットクロスバン Hot Cross Bun アイシングで十字を描いて完成

見た目はなんとかYoutubeの歌の映像に出てくる「Hot Cross Bun」っぽく仕上がりました。

しばらく置くとアイシングが固まります。
さて、試食です。

試食!

なかなかおいしい!

かぼちゃの種やレーズン、クコの実の風味とシナモンの香り、アイシングの甘みとレモン汁の酸味がちょうどよく混ざり合い上品な味に仕上がっていました。

子どもも3つ連続で平らげてしまいました。

シナモンはパウダーをそのまま嗅ぐと結構キツい感じがしましたが、もう少し入れてもよかったかもしれません。

とにかく予想以上の仕上がりです。

ウィキペディアには「菓子パン」とありましたが、甘さは控えめで食事にも合いそうです。

 

かなりオリジナルな邪道レシピだとは思いますが、日本語のレシピがネット上に少ないので自分が作るときのためにも簡単にまとめてまたの機会にアップしておきたいと思います。

今回は子どももずっと飽きずに手伝いました。
また一緒に作りたいと思います。

 

 

 

関連記事

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です